伴走型収益改善支援

直近5年 平均営業利益率UP 10%以上!
~本気で収益改善をしたい経営者の方のみご連絡ください~

背景・課題

NPOBSの伴走型収益改善支援

実績豊富なベテランと新進気鋭の若手の2名体制で支援します。 コンサルタントと経営者、従業員、伴走型の支援です。

  • 中小企業は縮小する市場で成長する方法があります(大手は難しい)。

  • なによりも本丸(本業・中核事業)の収益が第一。事業特性に応じた提案があります。

  • その上で新しい領域への進出は、「強み」を生かす「チャンス」の捉え方が大切。

  • 今までにない視点での提案が大きな成果を出すことをたくさん経験しています。
    (例1:値上げしたらどうですか? 例2:粗利率を見すぎてはいけません)

  • 中期計画の前に、未来予測と未来設計がいります。お手伝いします。


収益改善プロセス

経営診断 収益改善計画策定 月次モニタリング
組織の中でも特に実績が豊富なコンサルタントが貴社を訪問し、今後の方向性について調査いたします。(1ヶ月程度)
実績豊富ベテランと新進気鋭の若手コンサルタントの2名のチームで経営支援を行い、必ず成果に繋げます。
経営診断の結果に基づいて収益改善計画を策定します。(2ヶ月程度) 計画の進捗を経営者と一体となって確認します。 ※2 顧問契約料の範囲内で、月1度の訪問と電話・メールでの対応をいたします。
緊急収益改善 個別改善
緊急対応が必要な場合、計画策定が困難な場合は緊急収益改善を実施します。 専門的な課題を、組織内の専門家を活用して達成していきます。 ※1 顧問契約料の他に費用が発生します。

ポイント

  • 事業特性に応じた提案をします。教科書通りではありません(A社とB社で言っていることが違う)。事業特性が違うので・・・。

  • 「目標とする指標」より、「犠牲にして良い指標」を設定すると戦略的になります。教科書には書いてありません。

  • 目標指標(KPI)の設定は大切(サラリーマン、評価される方向に努力する)です。ですが目標指標の設定を間違えて民事再生法を申請(我々の向う傷ではありません)したところがあります。こうならないための適切なアドバイスをします。

事例紹介

実質債務超過から優良企業へ

  1. 1年目(半年)
    売上・粗利大幅改善
    売上(勝ち馬作戦・営業プロセス管理)・粗利(毒まんじゅう作戦)

  2. 2年目
     黒字化(フル償却)・・・金融機関はDDSも考えたが必要なくなった

  3. 3年目
    債務超過解消

  4. 4年目
    金融取引正常化・成長戦略(輸出検討) ほか


個別改善事例: 「ものづくり原価改善支援」

経験豊かな技術者がものづくり現場の生産性向上・コストダウン・在庫削減・5S・品質改善・商品化プロセス等の改善を支援して、収益改善に繋げます。担当者:遠山純夫他

顧客の声

  • 話が分かりやすい。かみ砕いて説明してくれる。小難しいことは一切ない。

  • 気軽に質問できるし、フォームなども提供してくれるので改善が早く進む。


私たちが責任をもってご支援します。

高島芳樹 高島芳樹 中小企業診断士

早稲田大学理工学部卒業、早稲田大学ビジネススクール技術経営学(MOT)修了。大手電機メーカー28年、コンサルティング会社勤務を経てコンサルタントとして独立。SCM構築、生産、物流コンサルティング、システムプロジェクト管理支援。中小企業の事業再生(事業リストラ、財務リストラ)等多数実績あり。中小企業診断士、情報処理技術者システムアナリスト、日商簿記2級等の資格を保有。主な著書「CIM・組立自動化ハンドブック」、「生産管理ができる事典」等。

お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス(必須)

題名

メッセージ本文