知的財産経営

知的財産を眠らせない!知的財産のフル活用で利益・企業価値をアップさせる。

背景・課題

  • こんな課題はありませんか?
  • 持っている特許に価値があるのか知りたい

  • 特許を取得したのに他社にうまく立ち回られた

  • 特許を取得したが利益に直結していない

  • 事業展開したい分野で、どんな特許を取得したらよいか分からない

  • 利益をもたらす特許の発掘方法が分からない

  • 最新技術が分かる弁理士に相談したい

  • 特許をビジネスの発展に活かせないか


多くの中小零細企業が知的財産を有効に活用できていないのが現状です。その一方で、知的財産を使って利益を上げている中小零細企業も多くあります。そのコツは、「経営課題と知的財産の利用とをリンクさせる」。

単に技術を特許で守ればいいという感覚では、会社のリスクを減らしたり、会社に利益もたらしたり、企業価値をアップさせたりすることはできません。

優れた技術が利益を生むのではなく、優れた技術を活用できた事業が利益を生みます。だから、利益の源泉となる事業を中心に知的財産を考える必要があります。

NPOBS 知的財産経営

中小企業には中小企業の特許の戦い方がある!

大企業のように、技術ごとに特許を取得する手法ではうまく戦えません。
中小企業・ベンチャーに大切なのは、より少ないコスト、より少ない特許で
多くの可能性を手に入れること
なのです。

  • 特許権等の知的財産権の取得支援

    事業計画策定等の事業の上流段階からかかわることで、適切なタイミング、適切なタイミング、適切な内容で特許等、知的財産権を戦略的に取得します。

  • ノウハウ等の知的財産の適切保護のコンサルティング

    知的財産権によって保護できないようなノウハウ等を適切に保護し、ノウハウの流出を防ぎ利益を守ります。

  • 知的財産を使ったブランディング支援

    知的財産は会社の強みです。その知的財産を活用し強みを活かせるブランディングを支援します。

  • 知的財産権の収益化支援

    企業の保有している知的資産を有効活用しライセンシング等で収益に結びつけます。

ポイント

攻め

最小限の投資で
「強い特許」を
取得!

商品開発の構想段階から理解している弁理士が、「コンセプトが手に入る」特許書面を作成。
御社の事業範囲が広がります。

守り

不要な
特許出願や
係争を回避!

大手企業の特許戦略に関わってきた弁理士が、守備範囲が広く、交渉に強い特許書面を作成。
「ムダなコスト」を抑えます。


攻め守り事業拡大!
  • 1.1000件超の実績

    これまで1000件を超える特許、商標登録の案件に携わってきています。

  • 2.中小企業の支援に強い

    中小零細企業、ベンチャー企業を支援する法律事務所と連携して中小企業零細企業・ベンチャー企業を支援しています。

  • 3.“横から目線”で対応

    ベンチャー企業の現役員が、自らの経験に基づき知的財産の有効活用を支援しています。

  • 4.知的財産を無駄なく利用するご提案

    会社は、人、物、金、情報で構成されています。それら人・物・金・情報にかかるすべての分野に知的財産を作用させて、知的財産を無駄なく有効活用するご提案ができます。

  • NPOビジネスサポートでは開発の上流段階からの支援を行います。

  • 特許を取得することをゴールとせず、会社が利益を上げることにフォーカスした既存技術やノウハウの活用提案。特許の取得は、会社が利益を上げるためのあくまでも手段。

  • 特許に限らず、実用新案登録、意匠登録、商標登録等を提案。例えば、アイデアによっては、意匠登録によって守った方が良い場合もあります。

顧客の声

  • 対応が迅速で助かっている。

  • 会社の利益に繋がる様々な提案をしてくれる。

  • 一般的なビジネスのことをよく理解しており、談しやすい。


私たちが責任をもってご支援します。


津田宏二 津田宏二 弁理士、工学博士
知的財産経営
弁理士、工学博士、6次産業化プランナー。都内特許事務所勤務を経て独立。勤務時代には大手複数社を担当。勤務時代を含めて特許、商標で合計1000件以上の案件に携わる。従事分野は、自動車(含むハイブリッド自動車、電気自動車)、ロボット、軸受、鉄鋼、通信、家電(含むオーディオ家電等)、建設、画像処理技術、音声認識技術、事務機器、ゲーム、遊技機など多岐にわたり、機械分野、制御分野、ソフトウエア分野、ビジネスモデル分野を得意とする。アイネクスト特許事務所所長。

お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス(必須)

題名

メッセージ本文