中小企業のインバウンド対応支援(国際化)

IBビジネスだけでなく、中小企業の経営も熟知した関連経験豊富な中小企業診断士が、伴走型の支援を行います。

背景・課題

訪日外国人旅行者数は2018年には3,000万人を突破し、消費額は4.5兆円を超えました。東京オリンピック開催によって更なる拡大が見込まれるインバウンド需要を活用すれば、事業の発展に大きなパワーアップの原動力となりえます。是非NPOBSの支援を活用し、千載一遇のチャンスを自社のものとしましょう!

  • インバウンド対応の意義拡大の背景
  • 少子高齢化により国内需要の縮小傾向にあります。

  • ASEAN等の経済的成長による海外市場の拡大

  • 東京オリンピック関連を含む訪日外国人旅行客およびその消費/購買額が増加を続けています。

  • 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定を背景として、外国ととの経済関係が進むとみられます。


しかし、「ノウハウがない」、「人材がいない」という理由で、インバウンド需要拡大のチャンスを活かしきれない中小企業も多く見られます。御社の足りない部分を、国際的マーケティング経験/外国語対応能力を持つ中小企業診断士がお手伝いします。

NPOBS 中小企業のインバウンド対応支援

  • インバウンド対応は手段であり目的ではありません。中小企業支援に経験豊富な中小企業診断士が、御社にとってのインバウンド対応支援が事業継続・拡大のために最適な選択肢の1つであるか、財務的、人材的等の内部資源/利用可能な有料無料の社外の支援スキームや、外国人に対する貴社商品/サービスの潜在的な訴求力等々の多角的な観点からご相談させていただきます。

  • 様々な内的資源が限られた中小企業が、インバウンド対応によって本来業務に影響をしないように、国内業務との最適バランスのインバウンド対応計画策定のお手伝いをします。

  • インバウンド対応の方法は、輸出、生産拠点設立による直接投資、販売・サービス拠点設立による直接投資、インバウンド需要への対応等様々です。フィージビリティスタディから実際のインバウンド対応開始まで、御社の実情に適したハンズオンの支援を長期にわたって行います。

  • 中小企業のインバウンド対応支援策として、政府・地方自治体より様々な補助金・助成金が用意されています。補助金・助成金申請の経験豊かな中小企業診断士が、最適な補助金・助成金のご紹介から、実際の申請のお手伝いまでいたします。

  • 海外での新規事業立ち上げ経験者等、その他海外業務経験者、海外滞在経験が長く外国人需要の動向の収集能力を持つ者など多くの人材を揃えています。インバウンド対応で大きな成果を上げる他団体の経験とネットワークを駆使してお手伝いいたします。

ポイント

  • 単発的な支援/アドバイスに加え、伴走型支援や長期的な視点からの継続的支援が可能

  • インバウンド対応の専門団体とのネットワークの活用よる貴社商品/サービスのインバウンド販路開拓支援

  • 公的支援の活用も指南。最適な補助金・助成金の紹介・申請支援をします。

事例紹介

私たちが責任をもってご支援します。

森 哲郎 森 哲郎 中小企業診断士 産業カウンセラー、認定心理士

英語・中国語での業務提供可。自己・クレームの再発防止体制構築指導可。
河合 裕 河合 裕 中小企業診断士 フィナンシャルプランナー2級

豊富な海外駐在経験と中小企業対応および財務分析

お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス(必須)

題名

メッセージ本文